【アカペラ】ギャルバンのベース・パーカスにも手厳しいフィードバックを


我思う、男女差別は良く無い

皆さんはギャルバンは好きですか?

ちなみに・・・。

僕は大好きです。

街角で「ブサイクな男6人」「可愛い女の子6人」が全く同じ曲を歌っていたら間違いなく後者の演奏を聴きに行きます。

ただ、
アカペラの演奏を聴いているとギャルバンドのベースパーカスに甘くなっていることって無いですか?

  • ベースっぽく歌ってたら「上手い!」
  • パーカスの音が鳴っていたら「上手い!」

男子の演奏を聴く時に比べて明らかに低い段階のレベルで「上手い!」と思ってしまう事ってないですか?

僕はこれは男女差別だと思うんです。


女子だからって見下してないか?
僕は無意識に「女声パーカスって珍しいな!」と見てしまう事が既に差別の始まりだと思っています。

僕は無意識に「”女子なのに”上手いな!」と見てしまう事が既に差別の始まりだと思っています。

確かに女声のベースは下の響きに置いては圧倒的に不利ですし、パーカスも声を入れて音を重くしたりするのが難しいです。

男性に比べて不利なパートであることは認めざるを得ないと思います。

ただ、それとこれは別。

ギャルバンでも男子顔負けのめちゃくちゃ上手いベースは居ますし、めちゃくちゃ上手いパーカスも居ます。

それにギャルバンでリズム隊をしている人にとっても「女子なのに上手い」って失礼だと思うんですよね!

「女子なのに」って何って!
普通に「上手い!」で良いじゃないですか?

だから僕はこの「ギャルバンなのに」と言う潜在意識を持つこと自体に嫌悪感を感じています。


女子はしなやかなリズムを作る?

脱線します!←

これは僕の持論なのですが、
女性のリズム隊は男性のリズム隊に比べて曲の流れを美しく演出出来る人が多いように感じます。

たぶん「混声バンドではコーラスをやっているがギャルではリズム隊」って人が多いからだと思います。

普段のコーラスでの経験が生きているのです。

男性のリズム隊だと「パーカス専門」とか「ベース専門」の人が一定数います。

そういうプレイヤーも本当に極めるところまで極めているので演奏を聴いていて凄く楽しいのですが、「曲全体の流れ」と言う観点から見るとギャルバンに上手な奏者が多くいるように感じます(特にベース)。


まとめ
ただ、可愛い女の子に

「私パーカスできていますか?」

と聴かれたらたとえスネアが

「ぽふっ♡」

でも、バスが

「ブフォッwwwww」

でも

「うん!ばっちり!超上手い!」

としか言えないと思います。笑

そこはしっかりとMr.Bassmanを見習って、男子の後輩と同じように

「良いじゃん!良いじゃん!でももうちょっとキレがある音がなると良いと思うよ!」

と言えるようになると良いと思います!


最後まで読んでいただきありがとうございます。もしこの記事を気に入って頂けたようであればシェアをお願い致します。非常に励みになります。


コメントを残す