【音楽】MuseScore3.0が楽しみなお話!


musescore3.0

なななんと!
musescore3.0が!
開発中との記事(※)を見つけました!

※公式サイトの記事です。

musescoreと言えば、
有料ソフト顔負けの機能を引っさげて
数々の音楽関係者に愛されてきた楽譜作成ソフトです。

そのmusescore3.0で実装予定の
機能が実に素晴らしかった
ので紹介します。


musescore3.0の最新機能

※以下のキャプチャは公式サイトより抜粋したものです。

▼音符 と 記号や文字 が被らない
今までは文字と音符が被ってしまうことがありましたが
musescore3.0からはそこらへんも
自動でレイアウトを調整してくれるようになります!

▼これから打つ音符が正確に表示される
musescore2までは符点音符を入力する際に
入力前の音符に符点がついていなかったのに対し
musescore3からは入力前の音符にも符点がつきます。
これで入力ミスが減りますね!

▼音符の幅が等間隔になる
音符を打ち込んだ際に臨時記号のせいで
音符の幅が崩れることが無くなります!


3.0のリリースが楽しみ!
僕は特に1個目と3個目の機能が楽しみです!
musescoreと有料ソフトの差はやはり完成した楽譜の
美しさに出て来ると僕は思っています。

なのでこの機能強化はmusescoreにとって
弱点を一蹴するバージョンアップになるのではないでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。もしこの記事を気に入って頂けたようであればシェアをお願い致します。非常に励みになります。


3 comments to this article

  1. SgeyosP

    on 2016/09/09 at 17:11 - 返信

    一番目の自動でレイアウトされる機能は正直歓迎しないです。
    自動で幅が調節されることによって、スペースを削りたい時に、余計なスペースを生んでしまうことが考えられます。
    現状のバージョンでも記号類は自由な位置に配置できるし、スペーサーでレイアウトを任意で整えることができるので、記号類が被るのは、ユーザーの楽譜に対する意識の問題です。
    このような余計な仕様は正直不必要です。

    • mokabuu

      on 2016/09/11 at 22:34 - 返信

      コメントありがとうございます!

      現状のバージョンでも記号や音符の移動は出来ますが、
      手動で1つ1つの音符や記号を動かしていたは手間や工数がかさんでしまいます。
      なので自動化機能が実装される事自体は素晴らしい事だと僕は思います!

      ただその上でSgeyosPさんのように、
      「新機能邪魔なんだけど!!!」と言う方が居るのも確かです。

      なので僕は以下のように考えています。

      新機能としてこの機能がつくことは評価されるべき

      新機能をつける時はオプション化して初期値をOFFにして出荷するべし

      メリットデメリットは人によってまちまちですし、
      欲しい人にその恩恵が届かないのも、
      不要な人がありがた迷惑を被るのも違うと思うので。

  2. 隆狐

    on 2017/12/25 at 23:26 - 返信

    本当に早く出て欲しいです・・・・
    いつぐらいに出るんでしょうか

コメントを残す