【アカペラ】pentatonixの個々のスペックとkevinの喉ベース。


スクリーンショット 2014-07-09 21.43.22

こんな動画見つけました。
pentatonixの個々のメンバーの「最低音」「最高音」を計った動画ですね!


皆の音域

  • Avi G1 – C#4
  • Kevin A2 – G4
  • Scott E2 – G5
  • Mitch E3 – G5
  • Kirstie G3 – D5

うーん。
僕が思っていたものとはところどころ違いますが、でもこう言う検証をした動画って貴重ですよね。

個人的にはScottの音域って想像以上に広いのだな、と思いました。
やはりMitchの透き通る高音だったり、Kirstieの地声での上が目立つ中でScottの地声の音域の狭さが気になるときがあったりしたので。



パーカッション・ケビン

まあ上3人は一回ほうっておきましょう。

まずはKevin!お前だ!ケビン!

ケビンの音域ってどういうこっちゃ?と思われる方もいると思いますが、pentatonixの楽曲での喉ベースaviだけでなくkevinもちょいちょいビートボックスで担当しています。

以前サークルライブのオーディションの際にベースラインをハミングしながらパーカスを打ったのですが、そんなんkevinにとっちゃきっと朝飯前なのです。「パーカスのピッチ感」とか言ってましたが、彼はもはや歌ってしまっています。

先日最近のsing-offのパーカスをぼこぼこに書きましたが、彼は最近のsing-offのパーカスの中では唯一しっかりしているパーカスなのではないでしょうか?不自然な拍とびの無い4つ打ちの安定感を見てもそう言えます。

【アカペラ】最近のsing-offのパーカスヘタクソじゃないですか?【ボイスパーカッション】


ボイスベース・アビ

次にavi。ベースマンです。

“G1”ってどういうことでしょうかね。笑
ちなみに今話題のHomeFreeのベーシストTim Foustが出しているlowF#の半音上ですね。


検証動画 via YouTube

以下検証動画です。
是非見てみてください!


最後まで読んでいただきありがとうございます。もしこの記事を気に入って頂けたようであればシェアをお願い致します。非常に励みになります。


2 comments to this article

  1. Yutaro Watanabe

    on 2014/07/11 at 00:23 - 返信

    Avi Kaplan はライブで”Natural Disaster”の一コマでF#1を出してましたよ。 ってことでTim Foust と同じですね。

    • mokabuu

      on 2014/07/11 at 00:59 - 返信

      コメントありがとうございます!
      そうなんですか!知りませんでした!!

      aviなら出そうと思えば出るのだろうなあとは思っていたのですが、やはり出たのですね!笑

      貴重な情報提供ありがとうございます!!!

mokabuu にコメントする コメントをキャンセル