【アカペラ】C7sus4からCの和音を使うときには何を使うべきか(C?C7?Csus?Cdim?Caug?)


C7sus4の次に何を置きますか?

例えばこんな楽譜。

ここのC7のところの音について今日は記事を書きたいと思います。

ちなみにここは「C7」は正解で、「C」は不正解です。

なんでかわかりますか?

音楽は数学です。
しっかりと考え抜いて理屈を紐解いていくと正解が見つかります。

今日は、C7sus4を一例に、そのプロセスを紹介します。

ちなみに、音楽は数学というのは僕の言葉ではなく、もっと偉い人たちのお言葉です。

参考:「音楽は数学だ」 東京女子流の楽曲に秘められた音づくりの理論


筋が悪い人はC7sus4からCにいく
それぞれの音が上がるか下がるかに着目してください。

C7sus4からCにいくと、
BがCに上がる
FがEに下がる
と言う矛盾が発生しますよね。

つまり盛り上げたいのか、盛り下げたいのか分からんわけです。

後半でCを使いたい場合はC7sus2を使って
BがCに上がる
DがEに上がる
と、すべきではないでしょうか?

こんな具合に。

それか、同じくCを使うにあたって、
Csus4を使うことで、
FがEに下がる
だけの動きを限定してしまうのも良いでしょう。

1音目にC7sus4をおいた時点で、次の1手は盛り下げる1手、それもC7に限定されるんです。音の動きの観点から。

ちなみに、Csus4からのC7は微妙ですね。
やりたいことは理解できますが、解決を遅らせた後にテンションってのは微妙です。

だったら、解決を遅らせる時点からテンションであるべきです。

解決するかと思ったら、別の事案が発生した、ってのがこの流れですね(ダメな例です)。

こんな感じで、音楽はしっかり考えれば、正解ってあるんです。

ただ、音を楽しむために、そこまで突き詰めるかって議論もあるかと思いますが。

僕の好きなこの曲なんかもBメロで「Gsus4, G, Em」ってな感じで、しっかりと終息に向かってsus4をうまく利用していますね!

サビでも「Gsus4, G」で落とした上で「C」で決めています。

こういう作りを見ると、さすがプロだなと感じますね!


面白いやつ求む!
ちなみに、こんな指摘が出てきたら面白くないですか?

例えば下記。

同じ7thでもMaj7なのか、という観点ですね。

C7sus4からC7と盛り下げたなら、次のメロでは平行調のAmに行くとより盛り下がりが助長されますよね。

そのときにB,Bb,Aといくと動きが滑らかになるので、これはこれでありです。

ただし、デメリットとして、音の動きにCのキーにはないBbの音を登場させると言う手法が混じるため、情報量がtoo muchになる可能性もあります。

ってな感じの鋭いツッコミをお待ちしております!


最後まで読んでいただきありがとうございます。もしこの記事を気に入って頂けたようであればシェアをお願い致します。非常に励みになります。


2 comments to this article

  1. いや、まだ

    on 2018/11/05 at 00:12 - 返信

    *掲載や返信は不要です
    *私はコードについてあまり詳しくないので、間違っていたら無視してください
    *また、論旨とは離れている可能性があります

    五線譜で示されている和音と、コードで示されている和音が異なってはいないでしょうか?

    例えば、画像の最初で示した和音(ド、ファ、ソ、シ)の表記は
    CM7sus4 (シー・メジャーセブンス・サスペンデッドフォー) ではないでしょうか?

    C7の構成音は、ド、ミ、ソ、bシ
    CM7の構成音は、ド、ミ、ソ、シ
    と認識しているのですが・・・

    • mokabuu

      on 2018/11/06 at 23:11 - 返信

      コメントありがとうございます!
      厳密に表記したらご指摘の通り「CM7」とか「Cmaj7」と表記すべきですね!

      わざわざMを入れるのが手間だったので端折ってました・・・。すみません・・・。

mokabuu にコメントする コメントをキャンセル