絶対音感のない僕が素早く編曲をする術


さてさて、導入したばかりのAmazon JSをさっそく使いたくて仕方が無いおじさんが通ります。どうも。今回はせっかく商品が紹介できるようになったので絶対音感の無い僕が編曲をするさいに重宝している戦利品の数々を紹介したいと思う。



【一個目】
[amazonjs asin=”B000AAGM0M” locale=”JP” title=”KORG コルグ チューナー・メトロノーム(同時使用可能) TM-40 シルバー”]
メトロノームとチューナーが2in1になってるもの。大学1年生の冬に横浜のヨドバシカメラで購入していらい重宝している。もともと音ゲー感覚で声を入れて音感を鍛える為に買った。一人暮らしの学生だとなかなかキーボード等も買えないのでオススメ。聴いた音が口から出せれば後はその音がなんなのかはチューナーが教えてくれる。半音程度のズレならばコードの知識があれば修正は可能だ。是非おすすめしたい!

ちなみにメトロノームも3連符等にも対応しているのでメトロノームを鳴らしながら口ずさむ事でリズムの分析も手っ取り早くすむ。こいつがいなければ僕の編曲速度はおそらく50%以下まで落ち込むだろう。笑

ちなみに僕は旋律の最初の音だけチューナーに教えてもらって後はそこから相対音感で音をはめていく。


【二個目】
[amazonjs asin=”B00009VT6P” locale=”JP” title=”SONY ボーカル用ダイナミックマイクロホン F-V420″]
ありふれたカラオケとかに使われるソニーのマイク。これは大学1年生の春にマンションの友人である愛明と多重録音をしたさいに多重録音にハマってしまい購入。残念ながら僕が使っていたMacBookPro13inchにはマイクを差し込む穴がなかったため、当時はubuntuで使っていた。このマイク、フォン端子がついてくるのでこれをチューナーのギターなど差し込む穴にぶちこんでマイクから声を入れればLINE入力で自分の声の音程を計れる。マイクを覆う等しないとちょっと出力が弱いが、周囲のノイズを拾わないためより正確な音程が貰えるようになるためオススメ(笑)

なんといってもこのマイク安いわりにそこそこ使えるのでコスパも良い。チューナーにぶっさすぐらいの用途ならこいつで十分だ!!!


【三個目】
[amazonjs asin=”B002T6NZIW” locale=”JP” title=”audio-technica ダイナミックヘッドホン ATH-T200″]
最後はこいつ。なんといっても編曲や採譜をするさいにベース音が聴き取りにくいのが万人にとっての毎回の課題になると思う。僕はこいつでいつもベース音を聴き取っている。1000円ちょいで買えるしベース音も聴こえるし、音質が抜群に良いわけではないがこいつで十分である!僕はこいつでいつも音を聴き取って楽譜に起こしている。


以上。さっそくAmazon JSを利用して記事を書いてみた!
今日紹介した3つのアイテム、僕にとっての3種の神器は絶対音感とかないけど是非採譜や編曲をしてみたいと言う人にはオススメだ!コード進行やコードの知識はもちろん前提となってしまうが、それでも絶対音感所有者みたいに音が聴き取れなくても音楽の可能性を広げてくれる僕の相棒達だ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。もしこの記事を気に入って頂けたようであればシェアをお願い致します。非常に励みになります。


コメントを残す